Vライン脱毛のメリットと恥ずかしいデメリット。やり方も完全解説

「VIO」とも「デリケートゾーン」とも呼ばれる箇所について、かつてはお手入れする女性は少数派でした。
しかしここ最近は海外ドラマの影響やファッション雑誌などの影響で、お手入れする女性が増えています。

今だに恥ずかしいと感じられることも多い、デリケートゾーンのお手入れの中でも、どのような形(デザイン)を希望する方も確実にお手入れを希望する「Vライン」について。
今回の記事では、脱毛のメリットやデメリットや特徴ややり方などをまとめてご紹介致します。

ハイジニーナVIO脱毛のメリット。痛い?痛くない?

Oライン脱毛は痛いし、恥ずかしい。Oラインのあなたの疑問を解決

Iライン脱毛の効果と回数。医療のがいい?彼氏が喜ぶけど粘膜が… 

Vライン脱毛おすすめのクリニックはアリシアクリニック!

デリケートゾーンのことは、Vライン(逆三角形の範囲)、Iライン(デリケートゾーンの縦のライン)、Oライン(肛門周辺のライン)をくっつけて「VIO」と表記しているサロンやクリニックが多いです。

デリケートゾーン脱毛=VIO脱毛であり、通常ほとんどの方はVラインを脱毛するならIラインもOラインもまとめて脱毛します。
デリケートゾーンは全ての範囲をお手入れする選択をされることが多いですが、中にはVラインだけを指定して選択する方もいます。推奨されるのはデリケートゾーン全ての範囲の脱毛ですが、箇所が箇所だけに(その名の通りデリケート)これは好みの問題です。

これからこの範囲の脱毛をしたい方で、デリケートゾーン全てを脱毛したい方も、Vラインだけ指定して脱毛したい方も、はたまたそれ以外の一部分を脱毛したい方も全員満足できる、おすすめの存在があります。その名も「アリシアクリニック」

CMでもお馴染みなので既にご存知の方も多いかもしれません。
クリニックなので医療脱毛で施術を進めていきます。
医療脱毛は終わりのある脱毛です。脱毛終了後はお手入れ不要の素肌になれます。まとまったプラン料金はかかりますが、都度お手入れ料金を支払うことを考えると意外とリーズナブルといえるかも。

まずはアリシアクリニックの料金体系を見ていきましょう。

★☆アリシアクリニックのデリケートゾーン脱毛★☆

箇所 5回 8回 脱毛し放題
Vライン 96,000円(税込) 139,200円(税込) 171,600円(税込)
Iライン 74,000円(税込) 108,800円(税込) 136,400円(税込)
Oライン 37,000円(税込) 54,400円(税込) 68,200円(税込)
VIO脱毛セット 157,500円(税込) 230,400円(税込) 297,000円(税込)

アリシアクリニックは「脱毛し放題」という、その名の通りずっと脱毛に通えるプランを用意しているので、クリニックの中ではとても珍しいです!しっかり脱毛したい派におすすめです。

最初にまとまった料金かかってくるので(※分割払いにできます)パッと見た瞬間高いと感じやすいですが、医療脱毛のいいところは終わりがあるところです。
都度お手入れする系のサロンなどで1ヵ月に1回ペースなどでお手入れをしている方からすれば、長い目でみればこちらのほうがお得と感じる可能性もあります。

ちなみにアリシアクリニックは美容皮膚科であり、美容面に特化しています。
コスメ開発などにも力を入れていて、医学の観点から美容にアプローチ。施術後のケアも高品質のローションでケアしてくれるので仕上がりのお肌すべすべ。保湿ケアもしっかり対応してくれます。

クリニックにも関わらず美容エステサロン的な感覚で通えることから、アリシアクリニックは多くの女性たちから支持されています。

★☆アリシアクリニックの院★☆

東京 銀座6丁目院、銀座院、上野院、表参道院、渋谷駅前院、新宿東口院、新宿西口院、池袋院、立川院、町田院
神奈川県 横浜院、川崎駅前院
千葉県 船橋院、柏院、千葉院
埼玉県 大宮院
大阪府 心斎橋院
愛知県 名古屋駅前院

アリシアクリニックは首都圏を中心に院を展開しています。
こぢんまりとしたところが多いのがクリニックの傾向ですが、アリシアクリニックは数が多めの大規模展開側です。明るい雰囲気でオープン。初めてでも通いやすさがあるはず。

Vラインだけでもデリケートゾーン全体でも、「脱毛器を使用して終わりがある脱毛」というキーワードが引っかかる方はぜひアリシアクリニックをチェックしてみてくださいね!

デリケートゾーン全般の脱毛プランの選び方。回数はどうすればいい?

Vラインを含めデリケートゾーンのお手入れをするには3つの選択肢があります。

  • 脱毛器を使用するタイプの脱毛をサロンやクリニックで行う
  • 自己処理(カミソリや電気シェーバーやブラジリアンワックスなどを使用)を行う
  • ブラジリアンワックスなど都度のお手入れをするタイプのサロンで行う

この中で近年注目度が高まっているのが「脱毛器を使用するタイプの脱毛をサロンやクリニックで行う」方法ですが、こちらを選択する場合回数は6回~18回前後です。
サロン脱毛(光脱毛)なら10回~18回で、期間にすると1年半~3年くらい(あくまでも目安なのでもっと短いところもあります)
クリニック(医療脱毛)なら5回~8回で、期間にすると10か月~1年くらい(あくまでも目安なのでもっと短いところもあります)

把握しておきたいのはサロン脱毛(光脱毛)とクリニック(医療脱毛)は、終わりのある脱毛として受けるものだということです。都度のお手入れではなく最終的にはもうムダ毛の処理をしなくていいつるすべ肌状態を目指します。

そのため「脱毛期間の終わりの目安」という考え方ができますが、それ以外の方法は都度のお手入れになるので終わりがありません。
継続して自己処理をしたり、サロンに通ったりしなければいけません。

1、Vライン脱毛をブラジリアンワックスサロンで行う場合(プロの手でのお手入れ)

脱毛器を使用する脱毛以外で、Vラインのお手入れ用に人気の方法はブラジリアンワックスサロンに通うという方法です。

ブラジリアンワックスとは砂糖やはちみつを原材料とする、食べられるほど安全な成分で作るワックスです(※本当に食べてはいけませんよ!)
古代エジプトでも女性のお手入れ方法として行われていて、とても歴史があります。欧米ではブラジリアンワックスが人気の主流。海外ドラマで観たり聞いたりしたことがある方は多いのではないでしょうか。

そんなブラジリアンワックスの専門サロンに通う場合、VラインとそれからIラインOラインもセットのプランで1回あたり3,000円~8,000円ほどの価格設定になっているお店が多いです。

どれくらいの頻度通うのかというと、最初の頃は10日~2週間に1回くらいの方が多いですが、ブラジリアンワックスの後に生えてくる毛はこれまでとは毛質が変わり薄く細く柔らかくなるケースが多く、だんだんとお手入れ頻度は減ることが多いです。
脱毛器を使用した脱毛方法とは違う、都度通うのを前提とした方法ではありますが、自分で行うカミソリでのムダ毛処理などと比べると条件はだいぶ良いです。

脱毛器を使用する脱毛ではなく、ブラジリアンワックスを気に入って選択し続ける派もいるくらい、仕上がりのお肌は赤ちゃんのようにつるすべになれると話題です。

2、Vライン脱毛を自分でする場合(自己処理での除毛)

Vラインの自己処理の方法はいくつかあります。

気軽なのはカミソリですが、カミソリはVラインの太い毛に使うと肌に傷をつけて出血したり傷めたりする可能性が高く、できれば避けたい方法です。

また、カミソリではVラインの太い毛を根本から処理するのが難しいです。根本に黒い毛がわずかに残り、剃りたてでも触るとチクチクとした触り心地になってしまいます。

キレイになるためにVラインの太い毛をカミソリで処理したら逆に汚くなったという例もあるので、Vラインの毛とカミソリはとても相性が悪いということを把握しておきましょう。

節約目的などで、それでもカミソリで何とかする派もいるでしょうが、できることなら脱毛器を使用するサロンやクリニックでのお手入れを選ぶかブラジリアンワックスの専門サロンを選びましょう。

ちなみにブラジリアンワックスはセルフ用の市販品も販売されています。
そのようなブラジリアンワックスを購入すれば自宅でもVラインの処理がしっかりとできますが、あまり器用ではないという方はVラインの処理については慣れるまで大変に感じるかも?

【知っておきたい】Vライン脱毛の回数と目安期間のマメ知識

ここでVライン脱毛の回数と目安期間を表にまとめて確認していきましょう。

★☆Vライン脱毛の回数と目安期間★☆

Vライン脱毛(除毛)方法 終了までの回数 頻度 目安期間
サロン(専用脱毛器) 10回~18回くらい 1~3ヵ月に1回 1年半~3年(※サロンによって期間が短くなる可能性あり)
クリニック(専用脱毛器) 5回~8回 1~3ヵ月に1回 10ヵ月~1年半の範囲(※クリニックによって期間が短くなる可能性あり)
ブラジリアンワックス脱毛サロン(ブラジリアンワックス) 都度お手入れ 10日~1ヵ月に1回(※好みにもよる) 都度お手入れ必要
除毛クリーム 都度お手入れ 3日~1ヵ月に1回(※個人差が出やすい) 都度お手入れ必要
カミソリ 都度お手入れ 1日~1週間(※個人差が出やすい) 都度お手入れ必要

ちなみに脱毛器を使用する「サロン」と「クリニック」の場合、Vラインだけでなくデリケートゾーン全体で脱毛したい場合は回数や期間の数字が変わるのかというと、基本的には変わりません。
IラインOラインあたりはVラインより毛質が薄く少なくなることから、毛質への反応度合いがVラインより低めになり施術回数が1、2回追加される可能性もありますが、基本的にはVライン単体で進める場合と同じ回数になります。
心配な方は、通う予定のサロンやクリニックに、無料カウンセリングの際に相談してみてください。

ブラジリアンワックスは専用サロンでお手入れしても自己処理でお手入れしても、お手入れ頻度を少なくできる可能性があります。
それがとても魅力的!

除毛クリームもブラジリアンワックスと同じくお手入れ頻度を少なくできる可能性がありますが、除毛クリームのほうが表面的な毛の部分を扱うので、ブラジリアンワックスと比べたら高頻度のお手入れが必要になるかも?
これも個人差があります。ブラジリアンワックスより高頻度だとしても、手軽なので除毛クリームを選ぶ方も多いです。

カミソリは一番高頻度のお手入れが必要で面倒なうえに肌を傷めるリスクもあるので、初期費用が安いこと以外のメリットはないお手入れ方法です。

改めて確認!Vライン脱毛をするメリット

Vラインを脱毛するメリットをまとめてみました。

★☆Vラインを脱毛するメリット★☆

  • セクシーなビキニやショーツも堂々と履ける
  • 温泉でも自分に自信が持てる。周りの女子に憧れられる
  • 清潔で衛生的。毛があるときより清潔感や衛生的感は全然上
  • 気になるあそこの匂いを改善
  • ムレやかゆみを軽減
  • 彼氏といちゃいちゃするときの感度が上がる
  • あそこの美白ケアなどをしやすい

Vラインの毛をお手入れすることで布の面積の少ないセクシーなビキニやショーツを履いたときでも、毛がはみ出るリスクがなく安心です。堂々と履きこなすことができます。
彼氏を喜ばせたい方にもおすすめです。

そして人前でVラインを見せる機会というのは早々ないものの、女友達と温泉に行ったときなどはばっちり見られます。最近の女性はしっかりとVラインをお手入れしている女性のことを女子力が高いと判断しますが、実際にVラインをお手入れしている女性の割合は全体でみるとそこまで高いわけではありません。

そのため、Vラインをお手入れしていれば周りの女友達に差をつけることができます。
一目置かれるかもしれません。

見た目の面や女子力の面といったメリットの他に、魅力的なメリットなのが衛生的なところや、匂いが軽減できるところです。

Vラインにもじゃもじゃと毛が生えているとムレやすく、衛生的とは言いづらいですがしっかりお手入れしていれば衛生的。さらにムレづらいからこそ匂いのリスクを下げることができます。
毎日きちんとお風呂に入っていても、あそこの匂いが気になるという女性は実は少なくありません。ムレてしまうとすぐに匂いやすくなる。これは構造上仕方のないことですが、毛をお手入れしてムレづらくすることで匂いのリスクを軽減することができるのもメリットです。

しっかりとVラインをお手入れしていると、あそこの美白ケアを意識し始める女性もいます。
毛がないと塗りやすいので美白ケアもしやすいです。
これもVラインをお手入れするメリットです。

このようにVラインをお手入れするメリットは多岐に渡ります。

興味があるならチャレンジしてみるのがおすすめです。

デメリットの詳細について!男子ウケは大丈夫?

メリットがあればデメリットもあるのが世の常です。
Vラインのデメリットは、自己処理だと手間がかかり肌を傷付けてしまうリスクがあることで、サロンやクリニックに任せる場合はお金がかかることでしょうか。

ちなみに、Vラインの毛を処理するデメリットとしてよく心配されるのが男子ウケです。

欧米人はともかく日本の女性はVラインに毛が生えているのが文化的に当たり前だったので(どこまで毛を処理するかにもよりますが)Vラインに毛がないと「遊んでいる」とか「ちょっと引く」みたいに感じられそうで不安という女性は少なくありません。

実際、Vラインの毛を全て無くし、いわゆるハイジニーナレベルまでつるつるにすると男性の好みはわかれるようですが、一度慣れるとハイジニーナの清潔感や触り心地がクセになる男性も少なくないようです。
彼氏がいる方でハイジニーナレベルを希望するなら、彼氏に相談してから判断しましょう。

毛を残すデザインで整えるお手入れをする場合は、全部を処理しているわけではないので基本的に心配はいらないですが、彼氏がとてもウブな感じだと「なんで手入れしているの?」と疑問に感じるかもしれないので、こちらについても事前に伝えておくといいのではないでしょうか。

男子ウケという観点も含めてデメリットを捻出してみましたが、基本的にデメリットはこれくらいしか挙げようがありません。
その時点でVラインのお手入れというのは、女性が注目したいものであるとわかります。

Vライン脱毛経験者が感じたあんなことこんなこと

実際にVラインの脱毛経験者が、Vラインを脱毛してみて感じたあんなことやこんなことについて。ここでは確認していきます。

そもそも大人になって初めてVラインを脱毛するという方も少なくないので、そうなると意外な感覚があったというケースも。慣れないものだからこそある意味新鮮!?
実際の感想を見ていきましょう。

1、 デリケートゾーン脱毛をする場合、Vラインの刺激はどう?

デリケートゾーン脱毛で心配されやすいのは「痛み」です。
Vラインについては多少刺激を感じる方もいるようですが「はっきりと痛い!」とか「超痛いし施術とかもう無理」みたいな極端な痛みを感じる方はそれほど多くないようです。

というのもデリケートゾーンといわれる範囲の中でもVラインは比較的皮膚が厚く刺激には強いからです。
Vラインより痛いといわれているのがIラインとOラインです。
施術を受けなくても何となくイメージしやすいですが、Iラインは粘膜に近く皮膚が薄く敏感な箇所です。Oラインは肛門に近いのでこちらも敏感な箇所です。

ということでVラインよりもIラインやOラインのほうが「痛く感じやすい条件下」にあり、Vラインはどちらかというとまあまあ刺激には強いほうです。
Vラインが痛いかどうかでいえば「少しヒリヒリとした痛みを感じた」という方もいれば、「全く感じなかった」という方もいます。

こればかりは体験してみないと絶対はありませんが、今は脱毛器の進化も背景にあり痛みのリスクだけでみれば低下しているようです。
あまり心配せずに受けても大丈夫です。
不安が強い方は通う予定のサロンやクリニックに相談してみましょう。

2、 慣れるまでは快適に感じる派と違和感派がいる

Vラインの毛を初めてしっかり処理する年齢(デビュー年齢)は人によりけりですが、日本の場合はそもそも欧米と違ってVラインのお手入れをする文化がほとんどなかったことから、いまだに初めてしっかり処理する年齢は遅めの傾向があります。

大人になって初めて経験する方が多いので、最初はとても違和感を覚えるケースもあるようです。
下着を履いたときの感覚や、裸になったときの感覚。全身鏡で自分の裸をみたときの感覚。違和感を覚える方は少なくありません。

しかしVラインのお手入れをした後のすっきり感を快適に感じる方も多いです。
一度試してみるのはおすすめです。
一度しっかりお手入れすると「もう毛を生やした状態には戻れない」というほど気に入る方もたくさんいます。

脱毛器を使用した脱毛でも、一度や二度施術しただけでは再び毛は生えてきます。
つまり、一度や二度試したときに「やっぱり嫌だ」と思ったらそこで止めれば再び毛は戻るので気軽に試してみるのはいかがでしょうか。

3、 温泉に行ったとき女友達に羨ましがられた

これは意外に多い内容です。
女友達と温泉に行ったとき、つるつるのVラインについて羨ましがられたというもの。

Vラインのお手入れは女子力が高いと認識されやすくなっていますが、まだ実際に試したことがない層が多いのも事実。自分がやっていないからこそ、お手入れをしている状態をみて「女子力が高い」「一歩先を行っている女性」と評価してくれるようです。

しっかりお手入れすることで周りに差をつけることができます。

★☆Vラインのお手入れの魅力★☆

  • 女友達に羨ましがられる
  • 女友達に「女子力が高い」と評価される
  • 女友達の前で自信満々でいられる

箇所が箇所だけに、男性ウケを気にしてしまいやすいですが、実は女性ウケにも直結する箇所です。
それは実際にVラインのお手入れを経験した女性たちが実感していること。
「女性ウケ」を狙いたい「友達に褒められたい」という方にも、Vラインのお手入れはおすすめです。

4、 あそこの嫌なニオイが改善!生理中もムレない

これは多くの方が実感していること!Vライン含めたデリケートゾーン脱毛のメリットでもあります。

何といってもあそこの嫌な匂いの改善に期待できます。
毛がなくなることでムレるリスクが低下し、匂いもかゆみも低下。実際に体験してみないと「本当に?」と疑ってしまいやすいですが、実際体験してみると、匂いやかゆみに悩んだ経験がある方ほどVライン脱毛を評価します。

女性といえば毎日お風呂に入ったり清潔にケアしていたりする方が多いイメージがあるものの、キレイにしていてもあそこは匂いやすいです。人体の構造上仕方ありません。
中には匂いすぎて「病気かも?」と心配する方もいます。

内容や理由にもよりますが、デリケートゾーンの毛を無くすことで改善することは珍しくありません。
匂いを気にしすぎて専用の石鹸を購入したり、病気の検査をしたけど異常がなかったりした方は、まずはVライン含めたデリケートゾーンの毛のお手入れをしてみてはいかがでしょうか。

びっくりするくらい改善する可能性があります。
それは、既にVライン、それからVライン含めたデリケートゾーンのお手入れを経験した多くの女性たちが証明しています。

「まとめ」Vライン脱毛にはメリット色々

今回の記事では「Vライン」の脱毛についてご紹介しました。
Vラインは欧米では当たり前にお手入れされている箇所ですが、日本ではようやく最近注目され始めました。
だからこそ早いうちからしっかりお手入れしておけば、周りから一目置かれる可能性があります。

Vラインの脱毛にはメリットがたくさんあります!
興味がある方はぜひ気に入る方法で、試してみてくださいね!

全身脱毛を行うならキレイモ。

初月分無料でお手軽に全身脱毛を行いたいならキレイモにお任せ。
店舗が多いので通いやすいのも特徴です。
キレイモ

初月無料でカウンセリング付の全身脱毛


今だけ!全身パスポートで選べる脱毛箇所がなんと5円
全国どこでも通いやすく予約し放題。脱毛初心者はとりあえずミュゼを利用しましょう
ミュゼプラチナム

5円均一で脱毛が受けられる!まずは無料カウンセリング
ミュゼ公式サイトはこちら


医療脱毛なら全国に店舗を構えるリゼクリニックが予約しやすいですよ
医療脱毛で永久脱毛したいならリゼクリニックが一番
店舗で【無料】カウンセリングが可能です。


リゼクリニック【無料】脱毛はこちら


話題のレジーナクリニックなら5回以上脱毛する事になったらスタッフの判断の元、無料で脱毛可能です。
レジーナクリニックの口コミについては以下からどうぞ。
レジーナクリニック
レジーナクリニックの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です